TEL 072-262-0119

健康診断・予防接種

  1. トップ>
  2. 健康診断・予防接種

健康診断のご案内

一般健康診断

一般健康診断は、日頃の健康チェック、就学前、就労前の健康診断書が必要な方などにご希望にあわせて行っております。

健康診断・料金表

健康診断A
簡易健康診断
健康診断B
法定定期健康診断(34歳以下または36-39歳)項目が含まれております。
健康診断C
法定定期健康診断(35歳または40歳以上)・雇い入れ時健康診断項目が含まれております。
検診項目 健康診断A 健康診断B 健康診断C
問診・診察・総合判断
身長・体重・血圧・腹囲・BMI
視力・聴力
尿検査
胸部X-P  
心電図    
血液検査    
料金 5,000円 7,000円 12,000円

(診断書料込み、消費税別、再発行 一部に付き2,000円)

問診・尿検査・血液検査内容

【 問診 】
業務歴、既往歴、自覚症状、他覚症状
【 尿検査 】
糖、蛋白、潜血、ウロビリノーゲン
【 血液検査 】
ヘモグロビン(血色素量)、RBC(赤血球数)、WBC(白血球数)、血小板数、ヘマトクリット、GOT(AST)、GPT(ALT)、γ-GTP、総コレステロール、LDLコレステロール、HDLコレステロール、トリグリセライド(中性脂肪)、血糖

特定健康診査・後期高齢者医療健康診査

特定健診は、糖尿病やメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)等の生活習慣病のリスクが高い方とその予備軍の方を見つけだし、生活習慣病のリスクに基づく必要度に応じて特定保険指導を実施しています。生活習慣病の発症を未然に防ぐために、40歳を過ぎたら1年に1回は健診を受けましょう。

検診名 対象者 検査内容 自己負担金
特定健康診査 堺市在住の40歳~74歳の国民健康保険に加入している方 身体診察
(聴診・身長・体重・腹囲・血圧)
尿検査
血液検査(肝機能・血糖・脂質・腎機能)
(一部の人には心電図など)
無料
(堺市国民健康保険被保険者)
後期高齢者医療健康診査 75歳以上の方 特定健診と同様の健診 無料

当院は、堺市定健診指定医療機関です。健診は予約不要で午前中に随時おこなっています。特定健診をご希望の方は受診券と堺市国民健康保険被保険者証をご持参のうえ絶食でお越しください。検尿が有るので、尿を出せる状態でご来院ください。

  • 特定健診の詳細は、堺市ホームページ「特定健康診査・特定保健指導について」をご覧ください。
  • 後期高齢者健診の詳細は、大阪府後期高齢者医療広域連合ホームページ「健康診査・人間ドックなど」をご覧ください。
  • ※堺市国民健康保険以外の方は、お持ちの健康保険証をご確認の上、加入されている医療保険者にお尋ねください。

各種堺市がん検診

当院は堺市健診実施協力医療機関です。対象者や自己負担金などの詳細は、堺市のホームページ「検診のご案内」をご覧ください。

検診名 対象者 検査内容 自己負担金
肺がん検診 40歳以上の堺市民(毎年度1回ずつ) 問診、胸部エックス線直接検査 無料 ※1
大腸がん検診 40歳以上の堺市民(毎年度1回ずつ) 問診、便潜血検査(2日法) 無料 ※1
胃がんリスク検査 40歳から49歳の市民(40~49歳の間に1回) 問診、血液検査(ヘリコバクター・ピロリ、ペプシノゲン) 1,000円
前立腺がん検査 50歳から69歳の男性市民(50~69歳の間に1回)
他のがん検診または特定健康診査と同時に受診ください。
問診、血液検査(PSA値測定) 1,000円
肝炎ウイルス検査 (1)20歳以上40歳未満の市民の方
(2)40歳以上で他に職場検診等で肝炎ウイルス検査を受診する機会がない市民の方
※過去に肝炎ウイルス検査を受診した方は除きます。
問診、血液検査(HBs抗原検査、HCV抗体検査) 無料

※1 受診促進強化期間のため、平成30年4月1日から平成32年3月31日まで無料

予防接種のご案内

高齢者肺炎球菌ワクチン

肺炎は日本人の死因第5位(平成29年)で、亡くなる人の約9割が65歳以上の高齢者です。肺炎を引き起こす原因で最も頻度の高いのが「肺炎球菌」による感染です。肺炎球菌ワクチンを接種しておくと、肺炎の予防や肺炎にかかっても軽い症状ですむ効果が期待されますので、予防接種をお勧めします。

定期接種(高齢者で費用助成あり)にもなっている「ニューモバックス(23価肺炎球菌ワクチン)」と、任意での接種が認められた「ブレベナー13(13価肺炎球菌結合型ワクチン」の2種類の肺炎球菌ワクチンがあり、それぞれの利点があることから、両者の併用が推奨されています。接種の要否、接種時期につきましてはご相談ください。

ワクチン取り寄せの為、予約制となっています。
詳しくは堺市ホームページの『高齢者の肺炎球菌感染症の予防接種について』をご覧下さい。

インフルエンザワクチン

インフルエンザの流行は1月上旬から3月上旬が中心となります。予防接種に使用されるワクチンは、その年に流行するタイプを予測したうえでつくられており、その効果を維持する期間は、接種後2週間後から約5か月とされていますので、10月下旬から12月中旬までの間に接種を行うことが最適です。

インフルエンザワクチンを接種したとしても、発症を完全に抑えることはできませんが、肺炎や脳症など重い合併症を防ぐことができます。基礎疾患をお持ちの方や高齢の方は重症化する可能性が高いため、特に予防接種をお勧めします。

予約無しで午前中にお越し下さい。接種可能期間があります。詳しくは受付にご確認ください。

DPT三混・DT二混・日本脳炎・風疹・麻疹・風疹麻疹混合

ワクチン取り寄せの為、予約制となっています。年齢に下限がございます。詳しくは受付にご確認ください。

  • 母子手帳、接種手帳(お持ちの方)、保険証、予診票をご持参ください。
  • 定期予防接種に含まれているワクチンでも法律で定められた接種対象年齢を外れると任意予防接種の扱いとなり、費用が全額自己負担となります。

定期予防接種の種類、接種対象年齢について、詳しくは堺市ホームページの『堺市が実施している予防接種について』をご覧ください。

風しんの第5期の予防接種について(昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性の方)

平成30年夏頃から、予防接種率の低かった30~50代の男性を中心に風疹が流行していることを受け、抗体保有率の低い昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性を対象として、平成31年4月1日から、『成人男性風しん予防接種事業』(第5期定期接種)が始まることとなりました。(令和3年3月31日までの3年間限定)

対象の方には、市区町村から平成31年4月以降(堺市は5月以降)にクーポン券が発送され、まず原則無料で抗体検査を受け、抗体が基準以下なら無料で麻しん風しん(MR)ワクチンを受けられるということになります。なお、堺市に住民票のある昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性は、クーポン券がなくても抗体検査や予防接種を受けることができます。

詳しくは堺市ホームページの『昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性の方へのお知らせ』をご覧ください。

ページの先頭に戻る